default logo
Client:
Date:12月 09, 2012

フィンドホーンについて

フィンドホーンとはスコットランドの北の端にあるスピリチュアルなコミュニティ。
1962年アイリーン&ピーター・キャディ夫妻と3人の子どもたち、そして友人のドロシー・マクリーンとが勤めていたホテルをクビになったため、フィンドホーン湾に面した荒地にトレーラーハウスを置いて住み始めたのが最初。

生活のためにその荒地を開墾し野菜を作り始めたところ、そんな砂地では出来るはずのない立派な野菜が採れ、中には巨大なキャベツやカボチャが採れたことから評判になり、地質学者などが調べに来る。
調査の結果肥料が良質とだけでは説明がつかず、そこには明らかに目に見えない愛のエネルギーが介在しているとしか思えないという報告が発表される。

そしてそのエネルギーに触れたいと世界中から人々が集まるようになり、今では年間15,000人以上の人が訪れ、常時400人くらいが住み、国連からもNGOとして認証される共同体となった。

詳しくはフィンドホーンのホームページ(英語)へ
http://www.findhorn.org/